要介護になったときにサービスが受けられる保険

親が要介護になった場合に、お世話になるのが介護保険です。介護保険は、高齢者の介護を社会全体で支え合おうということで導入されました。 介護保険は40歳以上の日本人全員が被保険者となり加入します。介護が必要になったと認定されると、費用の一部(原則1割)を負担することで介護サービスが受けられるようになります。 65歳以上の人を「第1号被保険者」、40~64歳の人を「第2号被保険者」に区分されます。 <第1号被保険者・65歳以上の人> 要介護状態になった原因は問われず、介護サービスを受けることができる。 <第2号被保険者・40~64歳の人> 要介護状態になった原因が老化に伴う病気(約16種類)に限られ・・・

介護サービスを受けるには要介護認定が必要

介護サービスを受けるためには、市町村の介護認定審査会の「要介護認定」を受けて、介護が必要な状態であると判断されることが必要です。 要介護認定は、介護を必要とする度合によって、要支援1・2、要介護1~5の7段階に分けられます。また介護の必要がない「自立」と判定されることもあります。 要介護認定は、原則として12ヶ月(初回認定は6ヶ月)有効で、その後は原則12ヶ月ごとに見直しがされます。しかし、高齢者は症状が急変することもありますので、有効期限内であっても要介護度の変更申請ができます。「自立」として判定された後に介護が必要となった場合にも再申請が可能です。 要介護認定の判定結果が不服な場合は、市町・・・

介護サービスの種類は大きく2つ

介護サービスの種類は2つに分けることできて、在宅サービスと施設サービスです。 在宅サービス 自宅で生活しながら受ける在宅サービスです。 ①自宅で生活しながら受けるサービス、 ②施設などを利用して受けるサービス、 ③介護環境を整えるためのサービスの3つがある。 施設サービス 介護老人福祉施設などの施設に入所して受けるサービス。 介護サービスは、要介護度によって受けられるサービスが異なります。サービス内容は転倒骨折予防教室や栄養指導などがあります。詳しくは、市町村の担当部署に確認してください。 要介護と受けられるサービス一覧表 要介護度 受けられるサービス 自立 特定高齢者向けの予防サービス 要支・・・

介護サービスを受けるには?

要介護認定の後に、介護サービスを受けるまでの流れは、要支援と要介護によって異なります。要支援は地域包括支援センターへ申し込みます。 <要支援1~2> ①地域包括支援センターに申し込み → ②保健師などと相談 → ③ケアプラン(介護サービス利用計画)作成./本人・家族が同意 → ④契約 → ⑤介護予防サービス始まる(介護予防サービス費用の1割本人負担) <要介護1~5:在宅希望> ①指定居宅介護支援事務所に申し込む → ②ケアマネージャーと相談 → ③ケアプラン(介護サービス利用計画)作成./本人・家族が同意 → ④契約 → ⑤在宅サービス始まる(在宅サービス費用の1割本人負担) <要介護1~5・・・

在宅サービスにもいろいろな種類がある

在宅サービスを大きく分けると3種類あります。 ①自宅で生活をしながら受けるサービス、②施設などを利用して受けるサービス、③介護環境を整えるためのサービスです。 自宅で生活しながら受けるサービス 訪問介護 ホームヘルパーが自宅を訪ね、調理・掃除・洗濯などの生活援助、入浴、排泄などの身体介護をしてくれる。 訪問入浴介護 浴槽を積んだ巡回車が自宅に来て、入浴させてくれる。 訪問介護 病状が安定したのち、医師の指示のもと、看護師や保健師が自宅を訪問し、療養上の世話や診療の補助などをしてくれる。 訪問リハビリテーション 病状が安定した後、医師の指示のもと、理学療法士や作業療法士などが自宅を訪問し、リハビ・・・

在宅サービス利用時の自己負担

介護保険の在宅サービス利用時は、要介護度別に一ヶ月当たりの支給減額が決められていて、そのうち1割が自己負担となります。 介護サービスは、その支給限度額の範囲内で、自分の希望するサービスを組み合わせて利用することになります。しかし、必ずしも支給限度額の範囲内でしか利用できないことはなく、限度額を超えたサービスを受けても構いません。その分は、全額自己負担をすることになります。 また、通所で介護施設を利用する際は、利用料の1割にプラスして食費を自己負担する必要があります。ショーステイ(短期入所)で施設を利用する場合は、食費や滞在費も自己負担となります。 在宅サービスの支給限度額と利用目安 要介護度 ・・・

施設サービスの種類を自己負担

要介護者が施設へ入所して受けるサービスを、施設サービスをいいます。施設サービスは、要支援1・2の人は利用することができません。施設には、それぞれ定員数があります。 施設サービスの費用は、施設・居室の種類・要介護度によって異なります。この施設サービス費用の1割と、施設の居住費・食費の全額を自己負担します。 但し、収入が少ない人が支払う施設の居住費・食費には、負担限度額が設定されています。 施設サービスには3種類あり、①介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)、②介護老人保健施設、③介護療養型医療施設です。 この中で、介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)への入所希望が多いです。この施設は、在宅介護・・・

サービス業者・施設選びと契約前のチェックポイント

サービス業者は利用者が自由に選ぶことができます。その場合、市区町村が作成している一覧表やホームページを参考にします。 しかし、担当ケアマネージャーに相談することが一番の早道を言えるでしょう。ケアマネージャーはサービス業者の特徴を把握しているので、状況や希望に合ったところを紹介してくれるでしょう。 デイサービス(通所介護)やデイケアサービス(通所リハビリ)を利用するときや、介護施設への入所を希望するときは、事前に見学をしましょう。第三者から見た施設の評価を掲載しているサイトもありますので参考にしてください。 訪問介護を受けるときは、親が生活をする上で困る点や支援して欲しところを確認し、利用したい・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ